女性

宿泊予約はネットから簡単手続き|思い出残る旅行へを計画

カプセルホテルが人気

ホテル

カプセルホテルが発祥した経緯

日本固有の文化として、近年、外国人にカプセルホテルが注目されています。カプセルホテルとは、カプセル状の簡易ベッドを提供する宿泊施設です。そもそも外国にはカプセルホテルが存在しないため、日本固有の文化を体験しようと宿泊する観光客が多いです。 カプセルホテルを設計したのは、建築家・黒川紀章氏といわれています。1970年の大阪万博で、近未来住宅としてカプセル住宅を提唱したのがはじまりです。そして、1985年のつくば科学万博で、世界中のたくさんの観光客に対処するためにカプセルホテルが建設されました。このユニークな形状が、テレビや雑誌などのマスメディアで幅広く紹介されることになりました。それがきっかけで、日本中にカプセルホテルの文化が浸透するようになりました。

女性専用に作られた宿泊施設

カプセルホテルというと、男性が使用する印象が極めて強いです。すかし、最近では女性の社会進出のおかげで、女性が一人でも利用しやすいカプセルホテルが増えています。たとえば、東京にある「ファーストキャビン」です。こちらは、飛行機のファーストクラスの個室をイメージしたカプセルホテルです。キャビンウェア、スリッパ、タオルなどのアメニティがとても充実しています。女性がいつ宿泊しても良いように、洗顔料やメイク落とし、化粧水や乳液なども揃えられています。 また、室内では液晶テレビ、Wi-Fiを自由に使うことができます。テレビを見る際にはヘッドフォンかイヤフォンを使用するので、周りを気にすることもなく楽しめます。